CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

チェンマイの風向きは、いつも前向き。

女性お1人でも安心な、
『女性専用タイ古式マッサージ&スパ全寮制スクール』

どこのスクールでも日々のレッスンは2人1組で行われ、交互に練習していきます。時には見ず知らずの男性や、身体の大きな外国人とペアになってしまうこともあります。当校は「日本語のみ、女性専用スクール」ですので、そんな心配はありません。更に日本人も常駐しているので安心して受講して頂けると思います。

ご興味のある方は是非、タイ古式マッサージの心得と技、そしてディプロマ(修了証明書)、更にはチェンマイでの楽しい思い出を持ち帰って下さい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第三弾、スクール選び《学ぶなら、バンコクorチェンマイ》

スクール選び第三弾は、タイで学ぶなら、バンコクorチェンマイ』です。

 

もし、本場タイでタイ古式マッサージを習うとしたら、どこで習うのか!? のポイントをまとめてみます。

 

[バンコク]

皆さんご存知、タイの首都です。日本の各都市から直行便も沢山あって便利。バンコク中心部は電車も走っているので日本の大都市と同じです。ですがその分、物価が高いです。もちろん飲食、宿泊も高め。それと、どこも混んでます。電車も人が多いし、歩道を歩いていても人が一杯です。都市別の人口密度では大阪と同じ位です。都会好きな方には良いと思います。

 

[チェンマイ]

あまり知らない方も多いと思いますが、タイ第2の都市がチェンマイなのです。とは言ってもバンコクとは比べることが出来ないほどに小さな都市ですが、何でもあります。中心部に電車こそ走ってませんが、その歴史は700年以上あり、タイの京都と呼ばれることもあります。言い換えると『丁度良い田舎、程良く田舎』という感じです。当スクールも、そんなチェンマイにあります。

タイを感じたい方はチェンマイが良いと思います。休日には象に乗ったり筏下りをしたり首長族と会ったりと楽しめると思います。更にチェンマイ料理は日本人にも合う味付けだと思います。

 

 

個人の意見としては、

都会派な方はバンコクのんびり派はチェンマイだと思います。

別な言い方で言えば、

買い物重視ならバンコク観光重視ならチェンマイだと思います。

 

 

【女性お1人でも安心、女性専用タイ古式マッサージ&スパスクール】

ヴィエンピン・チェンマイ

http://viengping-chiangmai.com

 

 

| スクール選びのポイント | 11:47 | comments(0) | - | pookmark |
第二弾、スクール選び《ホテル滞在or全寮制》

スクール選び第二弾は、本場のタイで学ぶなら『ホテル滞在or全寮制』についてです。

 

タイ古式マッサージスクールには、《通いスクール》《全寮制スクール》があります。これについても、どちらが良いという訳ではありませんが、ポイントをお伝えします!

 

[通い(タイ国内)スクール]

※ここで言うところの通いスクールは【街中にある】という設定です。要するに徒歩圏内に何でもあるということです。一歩外に出たらコンビニはもちろん、食事処やカフェ、交通の手段まであるということです。ですので、比較的街中であっても前出の条件を満たしていなければ論外です。(ゲストハウスも条件が違い過ぎて比較にならないので除外します。)

このような場所にあるスクールは確かに便利です。昼食や夕食を食べるのも苦労しないでしょう。しかしながら、こんな便利な場所あるスクールに徒歩で行けるホテル(滞在先)は当然ながら高めです。更にホテル(滞在先)の予約から移動まで、全てを自分でやらなければなりません。

 

[全寮制(タイ国内)スクール】

立地は比較的郊外になります。全寮制スクールは、空港までの送迎、朝食と昼食、受講料と宿泊費などがセットになっていますので料金的にはお得です。生徒さんは、ご自分で往復の航空券を用意するだけなので面倒がありません。郊外のスクールですと不便なイメージになってしまいますが、

当校だけのことを言えば、徒歩圏内にセブンイレブン、カフェ、食堂や屋台などがあります。更に市内循環バスの始点なので、授業が終わった後に街中に行くのも簡単です。ちなみにスクールの送迎もあります。スクール内のキッチンも使えますいので、市場で食材を買ってきて料理も出来ます。

 

 

個人の意見としては、

慣れていない方は[全寮制]を選ばれた方が良いと思います。全寮制であれば、費用も安く済みますし、食事の提供もある。当校で言えば日本人も常駐してますので、色々と分からない事も質問できます。

ということで、少しでも不安のある方は[全寮制]を選ばれては如何でしょうか。

 

ちなみに、当校の周辺も紹介してますので、当ブログの「スクール周辺情報」のカテゴリーをクリックしてご覧になって下さい!

 

【女性お1人でも安心、女性専用タイ古式マッサージ&スパスクール】

ヴィエンピン・チェンマイ

http://viengping-chiangmai.com

 

| スクール選びのポイント | 15:20 | comments(0) | - | pookmark |
第一弾、スクール選び《学ぶなら日本orタイ!?》

タイ古式マッサージを学びたい方への第一弾『スクール選び(日本orタイ)』についてです。

 

現在ではタイだけではなくて日本にも沢山のスクールがあり、『どこのスクールにするか!?』が最初にして最大の悩みどころになると思われます。何が違うのかがHPでは分かり難く、ましてや行ったことの無い場所のことでは想像も難しいかもしれません。ここでは、簡単にポイントをお伝えします!

 

【日本orタイ、どちらで学ぶか!?】

 

まずは《日本で学ぶ》《タイで学ぶ》のどちらにするかを決められた方が良いでしょう。

ちなみにタイでも日本語で学べるスクールがあります。(当校はタイで日本語のみです)

習う内容は一緒だとすると、《近場(日本)で習うか》《本場(タイ)で習うか》の違いです。

 

[近場(日本)で習う場合]

自宅から通えるスクールであれば面倒もなく便利ではあるが、受講料が高い。(日本なので当然です)

そして、受講終了までに時間が掛かる。(週1〜2回程度の受講だったら当然です)

 

[本場(タイ)で習う場合]

まとまった日程が必要にはなるが、受講料が安い。(タイですから)

そして、受講修了が短期で済みます。(週6受講)

更に、旅行気分も味わえて、異国の生活が経験できます。(旅行より大幅に安く)

 

もちろん、どちらが良いという訳ではありません。

 

例えるならば、

自動車の免許を取るのに、自宅から通える自動車教習所に行くのか、

もしくは、沖縄の合宿で取得するのかだと思います。

 

他の例えをすると、

イタリア料理店のシェフがお客さんから『料理はどこで修行されたのですか!?』と聞かれて、

『隣町の料理教室です』と答えるのか、

『イタリアで勉強してきました』と答えるかの違いだと思います。

同じ味の料理だったとしても、後者の方が美味しく感じるのかもしれませんね。(個人的な想像です)

 

 

ということで、

個人的には本場のタイで学んで頂きたいのですが、

外国なので色々な不安があると思います。

当校では、そんな不安が安心と変わるまでお問合せ(質問)して頂いて大丈夫です。

よく『沢山質問して申し訳ないのですが…』というメールを頂きますが、そんな事はありません。

遠慮なくお問合せ下さい!

 

【女性お1人でも安心、女性専用タイ古式マッサージ&スパスクール】

ヴィエンピン・チェンマイ

http://viengping-chiangmai.com

 

 

| スクール選びのポイント | 16:04 | comments(0) | - | pookmark |